ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)配当

お金の話

コロナの感染者が減ってきて、株価も少しずつ回復しつつあります。

まだまだ損失だらけですが、マイナスが縮んできて嬉しいです。

 

先日の明光義塾に引き続き、ブリティッシュアメリカンタバコの配当が入ってきました。

BTI配当

ドル価で62.31(手数料後で61.83)

円価換算で6,616円。(手数料後の金額)

これが年4回あります。

 

買付価格が33.66ドルで97株。

現時点時点で38.51ドル。

 

なかなかいい買い物ができたのではないかと思っています。

 

外国手数料って?

外国手数料って何だろうと思ったら、ADRの手数料のようです。

ADRが米国以外の株を米国市場で上場しているもので、米国での税金は課税されません。

その代わりその企業の所在地で税金がとられるのですが、英国は前線徴収税率0%!

私はNISA口座を利用しているため、日本で課税されることもありません。

(一般口座であれば日本の源泉徴収税が課税されてします)

 

英国や豪企業ADRとNISAの相性は抜群ですね。

 

タバコは嫌いですが、配当がいいのでまだまだ長期保有の予定です。

 

↓ランキングに参加しています↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました