グランセゾン - ハイドアを諦めた話

グランセゾン
一条工務店ホームページより

前回、標準仕様で採用しなかったものを書きました。

http://akenohoshiko.com/home/2020/03/23/グランセゾン ー 標準だけど採用しなかったも/

そこには記載しませんでしたが、一般的に標準として採用されるのに採用できなかったものがあります。

それがハイドアです!

 

ハイドアって何?

もはや名前の通りですが、天井まで続く高いドアです。

大きな写真がないのでわかりづらいのですが、こちらの赤丸の部分です。

一条工務店ホームページより

高さ265㎝の天井まで続くドア。

これがあると空間が広くなったように見えます。

リビング扉として採用する方が多いのではないでしょうか。

 

そしてグランセゾンではガラス戸(開きドア、引き戸、親子ドア)/ハイドア(パネル・ガラス)が1ヵ所標準サービスとなります。

 

ハイドアを諦めた理由

ハイドア採用したかったです!!

けれど、間取りの都合上諦めました。

我が家のリビングの入口はTVボードの横になりそうでした。

開き戸だとTVボードに干渉してしまうんです。

扉の位置を1マスずらすことも可能でしたが、そうするとトイレの扉と干渉。。

使い勝手を考えると、開き戸のハイドアより引き戸のほうが良かったんです。

 

また、扉の位置もリビング・ダイニングから見て正面ではなく横方向にありました。

玄関開けた時も、真正面ではなく横方面。

そのため「ハイドアじゃなくてもそこまで気にならないか…」という結論に至りました。

まぁ諦めるための言い訳です。笑

 

普通の扉はどうなのか

ハイドアの高さは3種類あり、2647,2497,2397だそうです。

お住まい検討シートより

天井の高さ次第ですが、2647を採用する人が多いのではないでしょうか。

引き戸の場合、2308となります。

我が家は天井高265㎝を選んでいるので、30㎝の壁が間に挟まることになります。

 

どんなものなのか実感がわかなかったので、現在の住居で測ってみました。

現在の我が家は天井高245㎝、ドアの高さが約210㎝でした。

つまり…ドア上の感覚が引き戸と大体同じ!!

散らかり具合は見なかったことにしてください笑

(グランセゾンに引っ越したら整理整頓頑張りますので)

いかがでしょうか。

扉が白いからかもしれませんが、私はそんなに気になりませんでした。(ちなみに我が家はダークを採用予定)

 

また、そもそも天井と扉自体も現状から20㎝高くなるので、十分な高さだと感じました。

 

どっちがお得なの?

我が家は使い勝手を考えて引き戸にしましたが、そもそもガラス戸(開きドア、引き戸、親子ドア)/ハイドア(パネル・ガラス)が1ヵ所標準サービスといものです。

我が家は引き戸のガラス戸にしたため、標準仕様を採用しなかったわけではないんです。

だから前回の記事に敢えて載せませんでした。

 

ただ…オプション価格が違います!

お住まい検討シートより

ガラス戸は24,000円、親子ドアは59,000円のオプションに対して

ハイドアは80,000円!!(50坪以上の場合は104,000円の親子ドアも可能)

しかもハイドアだってガラス仕様もあります。

 

つまり…選べるなら確実にハイドアのほうがお得です。

 

我が家の場合は間取りの都合上、使い勝手を考えて引き戸にしましたが、通常の高さの扉でも悪くはないんじゃないかと思います。

ドアの高さで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました