我が家は太陽光だけどガス併用住宅(ガス併用の話)

グランセゾン

前回書いた通り、我が家は太陽光を設置しています。

我が家は太陽光だけどガス併用住宅(太陽光設置の話)
前回の投稿から1ヶ月も開いてしまいました。 我が家、着工は済んだものの未だ上棟日の連絡は来ず…2ヶ月くらい遅れるのかな? 色々設備について書きたいところなのですが、、、もう設計も終わっているため、だいぶ前にタブレット見れなくなっ...

 

太陽光を導入した家庭ではオール電化にしている家が多いのではないでしょうか。

そうでなくても、一条工務店の施主はオール電化が多い印象です。

 

まず、私の考えるオール電化のメリット、デメリットを書いていこうと思います。

 

オール電化のメリット

ガス代がかからない

電気に一本化をすることで、ガスの基本料金がかかりません。

通常1,000円程は基本料金としてとられますし、従量課金分と合わせると5,000円は(冬場はもっと)かかります。

 

太陽光があれば昼間に売電、夜間に買電でお得

天気のいい日は日中の電力は太陽光で賄うのと売電、消費電力の高い家電(エコキュート等)は安い深夜の時間帯に買電できます。

つまり…お得です(語彙力…笑)

 

エコキュートが標準で導入できる

オール電化導入の障壁となるのはエコキュートの初期コストではないでしょうか。

一条工務店の場合、エコキュートは標準仕様です。

ガスのエコジョーズも標準ですが、エコジョーズよりエコキュートの方が高いです。

お得さを考えると、エコキュートに軍配があがります。

 

料理に火を使わない(安全、涼しい、汚れにくい)

火災リスクに関しては、やはりガスよりもIHの方が低いと思われます。

そして火という形でエネルギーを消費しない分、料理中も涼しいと言われています。

IHは火力が弱いなんて言われていますが、対応の調理器具を使えばガスよりもエネルギー効率がいいなんて話も聞きます。

そして清潔に保てる!

IHはフラットなため、汚れが付いたとしてもすぐに拭き取れます。

 

オール電化のデメリット

電気利用の時間に制約が出る

上述したスマートプランの場合、深夜は電気料金が安いものの日中の電気料金は割高なものとなっています。

蓄電池がないとすれば、電化製品の使用時間を考えておかないとかえって電気代が高くつきそうです。

 

エコキュートはお湯切れのリスクがある

エコキュートは基本的に深夜の電気料金が安い時間帯にお湯を沸かしますが、湯切れを起こしたらそのタイミングでタンク満量でお湯をためます。

お風呂の最中に湯切れをおこしたら、再度お湯が沸くまで時間がかかります。

節約のために深夜に湯沸かししても、湯切れを起こしたらかえって損しそう。

これも蓄電池があればそこまで気にする必要はなさそうですし、オプションですがタンク容量の大きいものを選べば解消できそうです。

 

料理にガスが使えない

当たり前の話ですが、火を使った調理はできません。

これは完全に好みの話になるので、気にならない方も多いのではないでしょうか。

 

エコキュートのお湯は飲めない

エコキュートは深夜に沸かしたお湯をタンクに溜め、1日かけて使用していきます。

煮沸によってカルキが抜けた状態で保存されているものなので、蛇口からでたお湯は飲めないということになっているようです。

それでも高温でキープされたものなので、菌の繁殖はほとんど気にしなくていいようですが、、私はちょっと気になってしまいました。

 

定期的にエコキュートの水抜きが必要

エコキュートは半年に1度、タンクの水抜きという作業が必要なようです。

これはタンクを清潔に保つためのものです。

頻度は少ないとはいえ、忘れそう。。。

 

ガス併用の理由

上記の通り、オール電化にはメリットもあればデメリットもあります。

 

電気使用時間の制約や湯切れに関しては蓄電池とタンク容量である程度カバーできると思っています。

それでもガス併用なのは太陽光と蓄電池が理由だったりもします。

 

売電価格が低い

毎年売電価格(FIT)は値下げしています。

昨年26円だったものが、今年は21円に。。。

検討していたのは昨年でしたが、通常の電気料金と比べても深夜に使って日中売電というのがどれだけお得なのか、判断が難しいと感じていました。

ましてや21円となると、深夜の買電価格にだいぶ近づいてしまいました。

だったら従量電灯でも変わらないような。。

 

蓄電池とガス併用の効果

先ほどオール電化のデメリットを蓄電池である程度カバーと書いたのは、蓄電池も容量が決まっているからです。

オール電化ではやはり湯沸かしにかかる消費電力は大きいです。

天気のいい日であっても、蓄電容量を考えると1日分の消費電力を賄うのは難しいと思われます。

そこでガス併用です。

基本料金はかかるものの、都市ガスの場合はエコキュートと湯沸かしにかかる料金は変わらないとの情報もありました。

おそらくガス併用の場合はほぼ太陽光と蓄電池で電力を賄えそうです。

 

ここで問題となってくるのが電力の基本料金です。

まずガス併用だと、スマートプランは使えません。

東京電力(他地域の大手電力でも大抵同様)では太陽光パネルの発電容量によって基本料金が変わっていきます。

9kw発電の我が家の場合、基本料金だけで2,500円程はかかってしまいそう。

ですが、Loop電気で契約すると基本料金はかかりません

多少買電したとしても、ほとんど電気代が発生しないのではないかと考えました。

 

オール電化のメリットは「ガス代がかからない」ですが、蓄電池によってガス併用のメリット「電気代がかからない(かも)」が発生すると考えられました。

 

エコキュートの衛生問題

先ほど書いた通り、エコキュートの衛生問題が気になりました。

特に水抜きですね。

夫婦そろってずぼらなので、極力手間を省きたい!楽したい!

ズボラが災いしてタンクが汚れ放題なんてなったら恐ろしいです。。

 

(なんとなくだけど)調理に火を使いたい

これは本当に感覚的な問題です。

とにかく間取り作りを急いでいたということもあり、我が家では宿泊体験をしませんでした。

なのでIH未経験なんです。。

住めば都のように、使えば宝(そんのな言葉ない)になるのかもしれませんが、やっぱり慣れ親しんだガスに魅力を感じてしまいました。

コンロの清潔さに関してはIHに負けますが、見えないタンク汚れによる水質悪化を考えると見える場所の汚れの方が安心なのかなと感じました。

 

やっぱりガスが良かった!は通用しない

なんだかんだ言って、一番の理由はこれですね。

ガス併用→オール電化もオール電化→ガス併用も、本当のことを言えばどちらも可能です。

ただし、オール電化→ガス併用の工事は高い!

というのも、最初からオール電化で建てた場合はガス管等を用意していないため、大規模な工事が発生するからです。

もちろんオール電化に比べてガス併用は初期の工事費が多少高くなっていますが、途中からガス増設工事をするのに比べれば安いです。

悩んだ上でガス併用に気持ちも傾きつつあったので、今後の自分の心変わりリスクを考えたらガス併用となりました。

 

 

結果的に今年度のFIT価格はガクンと下がってしまったこともあり、ガス併用にしたのは正解だったなと思っています。

 

↓ランキングに参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました