気温と消費電力の相関

グランセゾン

 

hoshiko
hoshiko

都内に一条工務店グランセゾンの家を建てたhoshikoです。

小さいなりに庭がある(でも駐車場なし)、狭小だけど太陽光パネルもついています。

一条工務店施主の中では太陽光・蓄電池・ガス併用の珍しいパターンだと思うので、光熱費に関する情報を中心に書く予定です。

よろしくお願いします。

2019年9月 : 一条工務店と仮契約
2019年10月 : 土地決定
2019年11月 : 土地契約
2019年12月 : 打合せ開始
2020年2月 : 土地決済
2020年3月 : 着手承諾
2020年5月 : 着工
2020年8月下旬 : 上棟(コロナにより2.5ヶ月遅れ)
2020年11月下旬 : 引渡し&引っ越し!

↓お金に関することはこちらのブログで書いています。↓

Hoshiko's Life
【目指せ40歳で金融資産>ローン残債】都内共働き主婦の暮らし

 

前回は光熱費のことを書きましたが、今回は宣言通り気温と消費電力に関して書きたいと思います。

 

どうして調べてみようと思ったのか

こちらをご覧ください。

我が家の12月の発電量と消費電力量をグラフにしたものです。

消費より発電量が多いのはありがたいですね。

なんか15日あたりから消費電力がググっと上がったんです。

ただ、1日の総消費量で比較すると日中の在宅時間や、乾燥機利用、炊飯器・ホットクック・オーブン利用の有無等で毎日条件が違います。

そこで、最高・最低気温と夜間の電気使用量で比較することにしました。

 

最高・最低気温とAM2:00の消費電力相関

我が家の確実に活動していない時間として、2:00~3:00の消費電力量を利用することにしました。

気温に関しては気象庁の気温と記録しています。

気象庁|過去の気象データ検索
過去の気象データ検索

 

床暖房の温度は12月10日頃より以下の設定。

キッチン・廊下・風呂洗面所(1エリア) : 27℃

リビング・2階(3エリア) : 26℃

 

基本的には深夜に動かしているものはないので、2:00~3:00の電気は各電化製品の待機電力とロスガード(換気)、床暖房の運転によるものと思われます。

 

先ほど15日頃から消費電力が上がったと書いたんですが、まさに15日から気温が下がっていました。

最低気温が下がれば消費電力が上がり、最低気温が上がれば消費電力が下がっているのが分かるかと思います。

10日以降は床暖房の設定温度は変えていないので、消費電力は最低気温の影響を受けているとみて間違いないかと思います。

(最高気温の影響もあるかと思いますが、最低気温と概ね連動していますし、今回見た時間帯が深夜の為最高気温の影響は少ない気がします)

 

床暖房タイマー運転の有無

一条工務店の床暖房には通常運転とセーブ運転のタイマー設定ができます。

ブログやインスタを見ているとタイマー設定されている方が多いような気がします。

でも我が家が現時点で設定していません。

 

理由:①オール電化ではないため、安い時間帯はないから

②太陽光のでる日中のみ設定温度を高くすると、悪天候の日にでんき効率が悪い

③日中だけ設定温度を上げると、室温にムラができそう

④セーブ運転から通常運転に変えたタイミングで消費電力が大幅に増える

 

夜間に安い電気を買えるオール電化住宅に関しては、日中セーブ運転で夜間通常運転というのもいいと思います。

オール電化なら私もそうしてたと思います。

②に関しては冬場は比較的晴れている日が多いのであまり気にならないのですが、問題は③。

太陽光のない夜間にセーブ運転なんてしたら、朝寒くて起きれない疑惑です(大げさですが)。

そして④別の方のブログで読んだのですが、セーブ運転から通常運転にしたタイミングで大幅に増えて、24時間での消費電力には大差ないとのこと。

我が家のようにいつでも一定の電気代であれば、わざわざタイマー運転をするよりは一定の水温で温めてもらった方が快適に過ごせそうです。

 

Looopでんきだと売電(21円/1kwh)よりも買電の方が安いですが、夜間の買電量もそこまで多くないので気にしないことにします。

卒FIT後は売電額が大幅に下がるのでタイマー運転を検討しますが、10年間は常に一定の設定温度にするんじゃないかと思います。

 

↓ランキングに参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました