家を買ってよかったこと

 

hoshiko
hoshiko

都内に一条工務店グランセゾンの家を建てたhoshikoです。

小さいなりに庭がある(でも駐車場なし)、狭小だけど太陽光パネルもついています。

一条工務店施主の中では太陽光・蓄電池・ガス併用の珍しいパターンだと思うので、光熱費に関する情報を中心に書く予定です。

よろしくお願いします。

2019年9月 : 一条工務店と仮契約
2019年10月 : 土地決定
2019年11月 : 土地契約
2019年12月 : 打合せ開始
2020年2月 : 土地決済
2020年3月 : 着手承諾
2020年5月 : 着工
2020年8月下旬 : 上棟(コロナにより2.5ヶ月遅れ)
2020年11月下旬 : 引渡し&引っ越し!

↓お金に関することはこちらのブログで書いています。↓

Hoshiko's Life
【目指せ40歳で金融資産>ローン残債】都内共働き主婦の暮らし

 

引っ越して1ヶ月経ちました。

とにかく、最高としか言えない(語彙力w)

 

引っ越してよかった!と思うことを、グランセゾンとかの条件に限らず羅列していきます。

完全に自己満足です笑

 

よかったこと

①見た目が好き

これは注文住宅ならでは?

フローリングもドアとかの建具もキッチンや洗面台の住設も、とにかく見た目が好みです。

外観も好き。

見てるだけで気持ちが上がってきます。

 

②寒くない

一条工務店の高気密高断熱&床暖房の賜物です。

設定温度が26~28℃と低めなのですが、室内は20~22℃前後をキープしてくれます。

大寒波の時は2階に限り18℃まで下がりましたが、外が寒い分だからか、むしろ暖かく感じました。

お風呂の後だって、水分を拭いてしまえば寒くない。

娘は半袖のパジャマしか着てくれませんが、風邪をひいたりはしていません。

 

③仕事がはかどる

書斎は偉大です。

以前はダイニングテーブルで夫婦一緒に在宅ワークをしていましたが、現在はダイニングと書斎に分かれて仕事ができます。

夫が電話会議を始めると音を出しちゃいけない雰囲気があって気まずかったのですが、音を気にしなくてよくなったので楽になりました。

 

当初は書斎をつける予定はありませんでしたが、期間限定無料という誘惑に目がくらんで、結果的によかったです。

まさか在宅勤務をするなんて想定していませんでしたから、ラッキーだったとしか言えません。

 

④音を気にしなくていい

戸建ての醍醐味ですね。

下の階を気にしなくて済みます。

娘と一緒におよよのダンスやぼよよん行進曲を本気で踊っても、誰の迷惑にもなりません。

思う存分走れるようになって、娘も楽しそうにしています。

 

⑤洗面所収納が広くて便利

そもそも収納が広くなって全体的にすっきりしたのですが、一番は洗面所!

ドレッサーを少し大きめにしたおかげで、収納量が爆発的にupしました。

今まではパジャマは各部屋、タオルは寝室に置いてあったりと、お風呂に入るだけで無駄な動きが多かったのですが、すべて洗面所内で完結するようになりました。

タオルを忘れて濡れたまま廊下を歩く…(しかも寒い)みたいなうっかりも起こらなくなりました。

当然のことですが、、手ぶらでお風呂に入れるって便利ですね。

 

⑥ガスコンロ(デリシア)が優秀

詳しく書こうと思ったら長くなりそうだったので後日書きますが、デリシアが素晴らしいです!

料理をする気が上がりました。

 

⑦小さいけど庭がある

幅1.5m程度(フェンス含む)ですが、人工芝敷きの庭があります。

人工芝と言えど、リビングから緑が見えると癒される気がします。

そして先日買ったトランポリンも大活躍!

公園に行くほど時間がない時でも、娘を楽しませてあげられます。

室内用ではあるものの、硬くて折りたたみはほとんどしないので、庭に置きっぱなしです。(雨の日はサイクルポートで雨よけ)

気候が良くなったらハンモックを置く予定。

敷地の活用の幅が広がった気がします。

 

⑧玄関を出たらすぐ外

当然なんですが、戸建てって玄関を出たらすぐ外なんです。

マンションの場合、大概は戸別の玄関を出て、集合エントランスに出てから外に出ます。

1階でなければ、集合エントランスに出るまでにエレベーター等で時間がかかるんです。

戸建てになったら「行ってきます」後、目の前は道路です。(我が家の場合)

 

土地で言えば駅徒歩2分くらい遠いはずなのですが、集合エントランスまでのタイムロスがないため、体感的には駅までの所要時間に変化がない気がします。

 

⑨晴れて嬉しい、雨が降っても嬉しい

太陽光発電とハイドロテクトタイル様様です。

晴れればたくさん発電してくれるから喜びます。

発電量チェックは私の日課です。

でも雨でも、外壁のタイルがきれいになってくれるので喜びます。

(梅雨に関しては話は別ですが笑)

 

よくなかったこと

…ない

というのは言い過ぎですね。

しいて言えば

①階段が面倒&危険

マンションはフラットだったので、部屋移動が楽でした。

今は落ち着きましたが、引越し当初で片付けをしていた時は1階と2階の往復がなかなか大変でした。

階段はよくあるコの字階段(踊り場なし)なので、娘は既に2回転びました。

今は慎重に上り下りしてますが、やっぱり階段は危険ですね。

私も1回、軽く足を滑らせました。

 

②ゴミの日は固定

一人暮らしの時も結婚してからも、ずっと24時間ゴミ出し可能なところに住んでいました。

一応可燃ごみの曜日は認識してたものの、出し忘れても「まぁいっか!出しとこ」で済んでました。

資源ごみとか不燃ごみはもはや曜日すら把握せず、溜まってきたら捨てるサイクルでした。

 

でも今はゴミの日に出し忘れたら、ゴミは次回まで家で待機です。

我が家の場合、引越し日が資源ごみ(紙)回収だったので、大量のダンボールは丸々1週間家に置くことになりました。

マンションだとすぐに捨てられて便利でした。

 

③ディスポーザーがない

前回の家もなかったのですが、その前の家にはディスポーザーがついていました。

戸建てでディスポーザーというのはかなりハードルが高いので諦めましたが、生ごみの出なくなるので、とっても便利でした!

特に魚を食べた後ににおいが残らないのは良かったですね。

ディスポーザーと離れてから2年半近く経ちますが、今でも名残惜しい設備です。

 

変わらないこと

金銭的負担

家賃と住宅ローンの金額はほとんど変わりません。

会社からの家賃補填がなくなったり、固定資産税が発生しますが、

太陽光発電で電気代が減ったり売電したり、住宅ローン減税(13年)の効果を考えると、家に関する金銭的負担はあまり変わっていない気がします。

 

通勤は10分ほど遠くなりましたが、在宅勤務の快適性、住み心地のアップでメリットの方が上回っています。

一条工務店だからとか、戸建てだから最高というだけではなく、家を買うという選択は私たち家族にとってメリットだらけだったのは間違いない気がします。

 

↓ランキングに参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました